BLOG

コラム

コンチョボタンのシルバー925とは?シルバー925の偽物を見分ける方法は?

2021.3.22

様々なシルバーアクセサリーで定番になっているシルバー925素材。
せっかくのお気に入りのシルバーコンチョなどが偽物であったら大変がっかりですね。
ここではシルバー925の偽物を見分ける方法をお教えします。

シルバー925とは?

シルバー925の、この「925」の数字は“シルバー925”の証とされる銀の割合が92.5%含まれるということを指します。
そして後の7.5%は他の金属が含まれるということになります。
”シルバーキューニーゴ”と読むことが一般的です。

なぜ「925」なのか?

この銀含有度92.5%というのは強度面に優れていて、シルバー本来の良さを失わない絶妙のバランスの度合いとされています。

したがって「シルバー925」で作られた製品が“最高で本物の価値あるもの”として今でも扱われます。

逆に100%だと柔らくて強度がなく、ヘナヘナとなり、曲がりやすくなります。
カレンシルバーなどは100%銀で作られていますが、これはこれで少しマットな感じで輝きをを抑えた、いぶし銀のような感じでカッコいいです。

シルバー925はビカビカと輝かせるのに、丁度よい度合いなのでしょう。
いずれにしても925という度合いが、強度さと美しさを兼ね備えた最高のバランスなのでしょう。

シルバー925の偽物を見分ける方法

“刻印”とも呼ばれる「925」のマークの有無

シルバーアクセサリーには特に裏面に小さく「925」というマークが刻印されています。

また、“SILVER925”と入っている場合もあります。
他には“STERLING”「スターリング」の刻印などもあります。

イヤリングのような非常に小さなアイテムの場合、このスタンプを見つけるのに拡大レンズが必要なほど細かいものもあります。

このように「925」のマークが付いていることが本物の証とされてきました。ですが、こんなものはっきり言って偽物でもこの刻印を打てば、本物と偽れます。

逆に本物であっても、刻印を打たずに自社ブラン名などを打っているところもあります。

よってこれだけでは信用できませんが、ブランドととして確立しているところの「925」の刻印は間違いはないでしょう。

これだけで“SILVER925”を証明するものとしては不十分ですが、一つの目安にはなるかと思います。

磁石を使って試してみる

アクセサリーに磁石を当ててみて引っ付くかどうか試してみることもできます。

金・銀・銅はもともと磁石に引っ付きません、逆に磁石につくのは、鉄・ニッケル・コバルトなどの物質になります。

もし、そのシルバーアクセサリーが磁石に強く引き寄せられる場合は、内部が磁石を引き付ける強磁性の金属であることを示しているため、その製品は銀ではありません。

より大き強い磁石を使うと引き付けるのも強いため、はっきり分かるでしょう。

黒いクスミを磨いてみる

これは私が長年シルバー製品を扱ってきての経験からの見分け方です。

シルバーアクセサリーは日が経つにつれて酸化して黒ずんでいきますね。

それを磨き布や、研磨剤などを使ってまたピカピカの状態に戻して輝かせますが、この黒いクスミが取れない場合があります。(「黒銀いぶし加工」のデザインを施したものは省きます。)

おそらくシルバー925ではない、混ぜ物(別の物質、例えばニッケル)の製品である場合、一度黒ずんだシルバーは綺麗に磨けません。
このようなシルバー製品はおそらくシルバー925ではありません。

磨き薬剤や磨き布で綺麗に黒ずみが取れない場合は、疑った方がいいでしょう。

「シルバー925」とSTERLING「スターリングシルバー」

「シルバー925」とは92.5%の銀と7.5%の他金属という話をしましたが、「シルバー925」は別名、STERLING「スターリングシルバー」とも呼ばれます。

その由来は、イギリスで中世頃に使われていた硬貨を自分の貨幣鋳造家の名前をとって、
スターリングポンドと呼びました。

このスターリングポンドの銀貨(ペニー)はシルバー925で作成されており、銀貨が長持ちし、美しく、シルバー特有の硫化反応(いぶし)の反応が出にくいため、これを貴金属や加工品にもスターリングポンドと同じシルバー925を使おうとなったそうです。

そこでSTERLING「スターリングシルバー」という名前が付けられました。

STERLINGという言葉には「真正な」「立派な」などの意味合いがあり、革でいうところのGENUINE「本物の」という意味に似ていますね。

とてもいい響きのある、いい名前です。

まとめ

ここでは「シルバー925とは?」また「シルバー925の偽物を見分ける方法」を
お伝えしました。

一番は信頼のおけるショップやブランド品を購入した方がいいということです。

また逆にいろんなシルバーアクセサリーを購入して試してみるのもいいかもしれません。

そうすると見ただけで、「これは、シルバー925ではなく何か混ざっているな。」と分かってきます。
そうやって目を肥やしていくのも楽しいかもしれませんね!