MAGAZINE

クロコダイル

クロコダイル革(ワニ革)の特徴、レアもの部位の顎(アゴ)部位編。さあ!この部位が見極められるかな?

2021.10.15

ワニ革のクロコダイルレザーですが、クロコダイルレザーといっても、いろんなレザーがあるんですね。

「あの四角い形のウロコ」だけがクロコダイル革とは断定出来ません。
他にも様々な革があり、部位があり、様々なウロコの形があります。

ここでは、クロコダイルレザーの部位の中でレアものとされる肚(ハラ)ワニレザーの中の顎(アゴ)部位について迫っていきます。

>>肚(ハラ)ワニレザーについてコチラから

顎(アゴ)部位とはどんなもの?

文字通り、顎(アゴ)部位とはワニの口下の「アゴ」にある革ですが、ワニの首に位置するとも言えます。

革の特徴はウロコの一つ一つが細かく綺麗です。四角と丸の小さいウロコが連立しており、彫りが深いです。
最高級といわれるセンター部分のすぐ上に位置するため連動しており、非常に美しい革です。

アゴ部位は口の開閉によるもので、革自体も多少、伸縮性があります。

革自体はあまり大きいものではないため、大きい物は作れませんが、小物類のコンパクトな財布やカードケースなどが作れます。

「肚(ハラ)ワニ」、それとも「腹(ハラ)ワニ」?

クロコダイルの革をググってみると、ほとんど「肚(ハラ)ワニ」と書かれているのを目にしますが、「腹(ハラ)ワニ」でもいいようです。

はら【腹・肚】とは、「動物の体のうち、胴の下半部。脊椎動物では、胸の横隔膜と腰の骨盤との間で、胃腸などを収めている部分。背に対して腹面をいう」(日本国語大辞典より)

文字自体は「肚」でも「腹」でもいいでしょう。

クロコダイル革の「肚(ハラ)ワニ」は最高級の素材

通常肚ワニレザーは、4つの部位に分別できます。

1、顎(アゴ)部位 2、肚(ハラ)部位 3、脇肚(ワキバラ)部位 4、尾部位になります。

クロコダイルは高級なレザーなので、どの部位もそれぞれ希少な革です。

ちょうど顎(アゴ)部位の革は、画像の右下の部位になります。

センターが最高級とされるため、横にズレるにつれて多少評価も落ちていきますが、それでも貴重な革であることは変わりませんし、人気もあります。

それでは具体的にこの「顎(アゴ)部位」で作られた財布を見ていきましょう。

クロコダイル顎(アゴ)部位で作られた財布

細かいウロコが並んでいます。形が様々ですが、綺麗に連立していて、とても美しいです。

クロコダイル革顎(アゴ)部位の二つ折り財布

クロコダイル革顎(アゴ)部位のミドル財布

クロコダイル革顎(アゴ)部位の三つ折りコンパクト財布

クロコダイル革顎(アゴ)部位のファスナー二つ折り財布

まとめ

ここでは、クロコダイルレザーの部位の中で最も高級とされる肚(ハラ)ワニレザーの、
さらにその中の「顎(アゴ)部位」について詳しく迫りました。

いろいろな部位を知って、あなたもクロコダイルレザーのツーになりましょう!

あなたのクロコダイル財布はどの部位ですか?また、好みの革部位を見つけてみましょう!

>>マッドモンキーのクロコダイル財布はコチラから