BLOG

商品紹介

ラグジュアリーカービングウォレット新登場!ワンランク上をいくカービング透かし彫りゴールドパイソン仕様

2021.4.15

いよいよ新登場します!ゴールドパイソンレザーを使用したカービングウォレット。
普通のカービングウォレットにはない、ゴージャスで斬新でとことんまで手間暇かけて作り上げました!

その割にはにこの価格はお買い得ですよ~!

今回はジャバラタイプ仕様のザックリとした収納口のお財布の紹介です。
ブラックカービングの透かし彫りの隙間から“ギラリッ”と輝くゴールドパイソンレザーの
圧倒的な存在感を快感できます。では、まずご紹介です。

カービングウォレット 透かし彫り/サドル黒/GOLDパイソン/オニキスダイヤコンチョJabara

>>商品詳細はコチラから

カービングウォレット 透かし彫り/サドル黒/GOLDパイソン/ユリゴシックCZコンチョJabara

>>商品詳細はコチラから

圧倒的な深彫りカービング

全てハンドメイドで彫り込んだ手彫りカービングです。スタンピング、カッティングにおいて全て手作業にて丁寧に仕上げています。

マッドモンキーのカービングウォレットはタイで製作してますが、一つのウォレットを仕上げるのに5時間から6時間かかります。そして、さらに染色やカッティング、編み込みを行っていくのでさらに時間を費やして完成していきます。

なぜそこまで手間暇かけて製作するのかといいますと、日本で作るより低コストで仕上げられるからです。要するに人件費が日本よりも安いという事です。

だからこそ、丁寧さを追求するため、そこにたっぷり時間と労力を費やせるわけです。

惜しげもなくインレイ内部にのみ使用したゴールドパイソンレザー

この財布の構造的には、カービングの下地にゴールドパイソンレザーを敷き詰めていますが、詳細には1番上にカービングレザー、2枚目にゴールドパイソンレザー、さらにその下にサドルレザーと3層構造になっています。

その2枚目にゴールドパイソンレザーがくるわけですが、染料に手間暇のかかったゴールドパイソンレザーをなんとメインではなくて脇役のインナー部分に使っています。しかも継ぎはぎなど一切ない、一枚革仕様で、惜しげもなく使っています。

カード大容量のインサイド仕様

インサイドの仕様は、ジャバラ口仕様になっていまして、3つ口がありますのでガッポリ開いて使いやすいです。そして、カード仕様が16枚で大容量になっています。

はじめサドルレザーで硬さがあるため、全てのカードを入れるのはきついかもしれませんが、使っていくうちに馴染んでいき、入り安くなっていくでしょう。

丈夫なサドルレザーでフルレザー仕様

上で説明した3層構造をしており、またサドルレザーベースですので、非常に堅牢で丈夫です。
はじめは硬さがありますが、使っていくうちに馴染んでいき柔らかくなっていきます。

オイルやクリームを塗っていくとさらに早く柔らかくなっていきます。ただ塗りすぎますと急に変化していきますので、初めはこの革の硬さを楽しみながら、徐々に柔らかくしていくことをお勧めします。

いずれにしてもフルレザー仕様でもありますので一生使えるくらい丈夫な革です。

フラップはオリジナルシルバー925コンチョボタン

オリジナルのシルバー925コンチョボタンはこだわりのデザインをしています。

ひし形のダイヤ型オニキスとユリゴシックCZのコンチョですが、いずれも当社で人気のマッドモンキーオリジナル製作のシルバーコンチョです。

ストーンのカッティングや形状にこだわったデザインコンチョです。

カービングは700年続くタイの伝統工芸

実はカービングの歴史は最も古く、タイ王国では 700年以上もの歴史を持ちます。13世紀のスコータイ王朝の時代に宮廷料理として果物を着飾るためにフルーツカービングを行ったのが最初とされています。

それから木材や石、革あらゆる物にカービングを彫り込む文化が定着していきます。

タイに来たら、いろんな木の彫刻や石鹸などの彫刻が販売されていますね。(“ゲッサラーク”といいます)あれも全て700年前の歴史を持つのです。

だから様々な分野の彫刻のプロ集団がいろんな所にいます。だから革細工カービングなどお手のもんなんですね。
この話はまた次回にじっくり語ります。

まとめ

ここではワンランク上をゆく、新作のラグジュアリーカービングウォレット、ゴールドパイソンレザーを使ったカービングウォレットを紹介しました。

他にもたくさんカービングウォレットを販売しておりますので、ぜひご覧ください。

>>マッドモンキーカービングウォレットはこちらから