BLOG

コラム

ドロップハンドルの取り付け方。革財布にウォレットチェーンを接続するためには欠かせない!

2021.11.18

ウォレットチェーンを接続するためには欠かせないアイテムパーツであるドロップハンドル。

他には接続する方法として、一般的なハトメリングもありますが、ドロップハンドルは様々なデザインや形があって、自分好みのものを革財布に付ける楽しみがあります。

また様々な着せ替えを楽しめるのも人気が広がっている理由です。

ここでは定番の先端がクルクル回転するタイプのドロップハンドルを革財布に付ける方法をお教えします。

準備する物

①ハンマー
②ドライバー
③穴あけポンチ(財布穴を開ける用)7ミリ
④穴あけポンチ(革ワッシャー用)12ミリ
⑤革ワッシャー
⑥ドロップハンドル
⑦財布

ポンチを打ち込む土台の確保

画像のように丸太などがあればいいですが、通常はないものです。

よって、硬い石などの土台の上に大き目の木材を置いて使ってもいいでしょう。
木材を置かずに硬い石の上に打ち込むとポンチが破損してしまいますので気を付けましょう。

財布のドロップハンドルを付けたい部分に穴を開ける

まずは財布のドロップハンドルを付けたい部分に穴を開けていきます。

通常、長財布になるとウォレットチェーンを扱いやすい位置がほとんど財布の折り目部分になってきます。

右ポケットに財布を入れる人にとっては使いやすい位置になります。

したがって、その折り目位置にドロップハンドルを付けていきます。

※ただし、左利きで左ポケットに収納する人や、財布のお折り目ではなく、コンチョ部分に付けたい人もいるでしょう。
その場合は自分が付けたい位置にドロップハンドルを付けるといいでしょう。

木の丸木や角材を下地に敷いて穴をあける

財布は折り曲がる部分がありますが、通常、真っ平らに開きません。

特に内側を張り合わせて作ってあるエキゾチックレザーのクロコダイル財布やヘビ革財布などは、そのような仕様になっています。

それは作る過程で、外側の革のサイズと張り合わせた内側の革のサイズ(革の内径と外径
)が違うために、このような作りになっています。

要するに、折り曲がる所が真っ平らに開かないため、多少折り曲げた状態でドロップハンドルの穴を開けなければなりません。

無理やり財布を真っ平らにしても穴は開けることができますが、綺麗に開けることはできません。

その時に充て木の役割をする、丸木や角材があると非常に便利です。

ホームセンターに行けばいろんなサイズが販売されています。

細長い棒状のものをご準備ください。
高さは3cmから5cmあれば十分でしょう、内側の革にキズが付かないように当て布を使うと、なおいいでしょう。

必ず財布の外側から穴を開ける

穴を開けるときは必ず外側から開けてください。内側から開けると、ズレが生じる場合があります。

外側のドロップハンドルを付ける部分に印をつけて、外から開けます。

画像で使っているドロップハンドル部の根元の直径が7ミリなので、ポンチもそれに合わせて7ミリのものを用意します。要するに、ここでは穴自体の直径が7ミリになります。

付けるドロップハンドルの根元の直径を図って、それに合わせたポンチを用意してください。

開けるときのハンマーを使うコツとしては、はじめに軽く型を付けて叩き、その後は強めに叩いて結構です。そうしないと、厚みのある革では簡単には開きません。

一発で決めたほうが綺麗に穴があきます。

ドロップハンドルを財布に取り付ける

それでは穴が空いたら、ドロップハンドルを財布に取り付けていきます。
まず、ネジ式なので本体とネジを外します。
本体を外側にネジを裏側に配置してはめ込んでいきます。

ドロップハンドルをドライバーで閉めて付ける

後は外側からドロップハンドルを差し込み、内側からネジを差しドライバーで付けていきます。

できれば、ドロップハンドルとネジの間に革のワッシャーを挟めばしっかり締まります。

画像では分かりやすいように故意にタンカラーの革を使っていますが、実際には目立たない黒色の革ワッシャーがいいでしょう。

さあ!それでは完成です。

ポイントはより強度を増すための革ワッシャー

ドロップハンドルの本体とネジの間に革をカットしたワッシャーをはめると、よりきつく決まりますのでおススメです。

作り方は革のハギレを使って簡単にできます。

大きいポンチ直径12ミリ幅くらいのを準備して、それでまず革を打ち抜きします。(画像のは使い過ぎで打ち部がボロボロです)
その後、先程使った直径7ミリ幅のポンチで真ん中に穴を開けて完成です。

この革ワッシャーはドロップハンドルやコンチョボタン留めなどで使うと
きつく締まり強度を増しますので、おススメです。ぜひご活用ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここでは革財布にウォレットチェーン接続するための、ドロップハンドルを取り付ける方法をお伝えしました。

他にもハトメとリングを付けるやり方もございますが、どちらかというとドロップハンドルの方が付け方としては簡単にできます。

>>革財布のハトメリングの取付け方はコチラから

道具さえ準備できれば簡単にできます。レザークラフトで試してみましょう!
女性でも簡単にできると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。