BLOG

レザー

希少なコブラを自然でじっくり太らせます!

2019.12.15

コブラレザー

コブラってご存知ですか?
コブラといっても、
左腕にサイコガンを持つ、アニメのコブラではありませんよー。
ずいぶん昔、週間少年ジャンプで流行ってました~、
“え?知らな~い”
そうですね、おじさんしか知らないですよね。

失礼しました。

実はレザーの話なんです。
コブラレザーなんですが、
マッドモンキーでも販売していますコブラウォレット。

非常に人気も高く、コアなファンには熱狂的な方もいらっしゃいます。

コブラってカッコいいんですね!首のフードと呼びますが、それを広げて獲物を
威嚇します。

コブラといってもいろんな種類のコブラがいるんですが、
いずれも猛毒持ちの恐ろしい蛇ですね。

噛まれたらあの体が大きい象ですら死んでしまうらしいです。

まさに王様、キングコブラ!

このフードを持つコブラでも23種類います、有名なキングコブラなんかは、
学術的な分類では1種類で1属を形成します。
例えるなら、1つの大浴場に一人で入るようなもんです。王様ですね!

やはりキングコブラはコブラの中でも特別扱いなんでしょうね、
まさに
キングオブ、キングコブラ。なんちゃって、

最近では、4メールのビッグキングコブラが
排水溝に出現したと、タイで大ニュースになっていました。
でも、カッコよかったですね~。
捕まえて、山に逃がしていました。
頭も超でかくて、捕まったときもなんか堂々としていましたね。

ほしいですねー!、今度猟師にたのんでみよっ!

私的には職業柄、皮しか見てないですが、ブラウンとグレーがかった黒みを
帯びた色合いがとてもそそります。

コブラをじっくり太らせてから収穫します

ちょうど、コブラ商品を製作しようと思いまして、
よく知っている革の取引業者にコブラの皮があるか聞いたところ、

「あー皮はまだなめしてないけど、捕まえにいけばいっぱいあるよ。ちょっと待ってて、調べてみるから。」
といって電話切って
3日後くらいに連絡がきて、

「あーマサ、ごめん、やっぱ今ダメ。コブラ太らせてからね、1ヶ月くらい待っててね!」
って言うんです。

あららら、残念。

いろいろ話を伺ってみると、どうやら
今、ちょうど稲刈りの時期で稲に隠れていたコブラが出てくるらしく、
いることはいるのですが、小ぶりみたいなんです。

小ぶりなものは、私は欲しくないと知っているので太らせるらしいんですが、
「あれっ、養殖だったの?」って聞いたら、

いや天然なんだけど野っぱらでカエルをたくさん食べさせて太らせるらしいんです。

ゲテモノ王国、タイ

皮は私が頂くのですが、「肉はどうするの?」っ聞いたら、やっぱり食べるそうです。

毒を取った肉をいろんな料理をして食べるそうです。また、高く売れるともいってました。

日本でもマムシやハブ料理が昔、流行ったりして、酒漬けなどもありますね。

やはり同じで滋養強壮にすごい効果があるようですね。

私も食べたいから、「今度行くよっ」ていっときました。

ニシキヘビは食べたことあるんですが、美味いとも何とも言い難いものでしたね~。
ただ小骨が多かったので、そこちゃんと取っててほしかったですね。

タイでは天然のカエルを良く食べるんですが、なかなか美味いんですね。
私はどうでもいいんですが、周りではいろんな人が食べてます。

うちの弟も昨年やってきて、香辛料まみれのカエルの炒め物を
「ばっうめぇーこれ!うめぇー」と言いながら、ボリボリ食べてました。

今度来たときはワニ準備しといてね!と言ってましたが、
タイは何でも食べちゃうんですよね~。
今、思い浮かんだだけでも、

ワニ、ヘビ、カエル、トカゲ、センザンコウ、ヤモリ、ねずみ、リス、
さそり、こおろぎ、バッタ、タガメ

などなど。

センザンコウやトカゲは禁止されてますけど、おそらく闇市で売ってますね。

そういえば、昔やってたテレビの“クレイジージャーニー”でよくタイに来てました、来てました。
私大好きだったんですけどね~、クレイジージャーニー。

それでは今度、ゲテモノの食レポ、ブログやりましょう!
「やっぱあんまり、やりたくないなー。」

伝説や神話の精霊、コブラ

コブラはインドではヒンズー教の神様として崇められていますが、

ヘビは昔からいろんな伝説や神話に登場してきて、畏敬の念がありますね。

その割には、殺して皮を剥ぎ取って肉まで貪る人間もいるんですね。

人間というのは卑しいものです。

我々のことでもあるのですが、

もっと、大自然の動物たちに敬意を払わなければならないです。

コブラ狩の名人

ずいぶん脱線しましたが、コブラ狩りですが、

およそ一ヵ月後、ヘビ獲り名人が狩りに出かけるんです。
これまた凄い名人がいるみたいです。

いろんな名人がタイにはいるもんですね~、ヘビ使いやら、ワニ使いやら。

いわゆる日本でいう“マタギ”ですね。

“マタギ”とは狩猟のことですが、タイにも山で狩猟する民が多くいますが、

山岳民族の“タイのマタギ文化”は、また次回に書きますね。

そういうことで、

もうしばらくコブラウォレットお待ちくださいませ。

お楽しみに!

◆フードコブラ属にあたるタイコブラ

モノクルコブラ : Monocled Cobra
学名:Naja kaouthia
タイなど東南アジアに生息する、爬虫綱有鱗目コブラ科フードコブラ属の猛毒のヘビ。
タイコブラとも呼ばれます。キングコブラと同様、鎌首を擡げ頸部(フード)を広げて威嚇します
。毒は神経毒です、フード背面に円形の斑紋が1つあるのが特徴です。